自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は
なんとなく
心地よくない感じが
あるかもしれませんが
志望校へ入るための
受験勉強みたいなもの。

この道を通ることで

明日がキラキラの道に
変わることを
きっと体感するはずです。


そんなあなたに。

明日の朝
夢からメッセージが
送られてきます!


今日は
問題解決に効果的な
方法をご案内しましょう。



参照 『ドリームブック』

今夜は眠る前に
一度座って深呼吸をします。

緊張をときほぐし
問題に思いを集めます。

次のように
心の中で繰り返します。

「今夜私は
この問題に対する
解決策がわかる夢を見
そして心に留めます。

その問題というのは・・・
(できる限り客観的に描写)

私はこれに対する夢を見
そしてそれを思い出し
理解し
目が覚めたら記録します。

私は
最高に
プラスになる洞察と
導きに向けて
自分をひらきます」


では
いい夢をみてくださいね~。

スポンサーサイト

【2015/09/12 10:56】 | ■夢分析
トラックバック(0) |
夢は特別な人にだけ起こる神秘体験ではありません。

眠っているときは顕在意識が完全に休んでいるため、
潜在意識からの情報を受け取りやすくなり、
催眠状態よりも身近に利用できる方法の一つです。

私達は言葉を使って交流しますが、
夢は独特な言語を持った世界であるため、
人種や文化を超えたイメージ、
シンボルによってメッセージを伝えようとしています。

私は夢解きに『ドリーム・ブック』を愛用しています。



「気づきが足りない」

「感情のもつれが人生の歩みを遅らせている」

などと書かれていると、時にはがっかりしたり、
時にはムカ(!)ついたり…

でも、その感情こそが不必要で
手放すべき課題なんだと改めて気づかされます。

朝、眼が覚めた時には、
求めていた答えをあなたも夢から受け取っています。

「大切なのはただ解説するのでなく、
その中身が自分の人生に
貴重だという意識を持って解釈すること」

とヒュー・リン・ケイシーは言っています。



【2013/10/25 10:53】 | ■夢分析
トラックバック(0) |
「アイリーン、アイリーン」

私は夢の中でそう言葉にしていました。

それは、外国ではこんにちは、といった
あいさつにあたるような響きでもありました。

翌日ネットで調べると
“アイリーン・キャディ”とつながりました。

五年前のことです。
導かれるように読んだのがこちら。




そして、タイトルは怪しい?ですが、
オラクルカードのような
ガイダンスが書かれたこの本。



内容はすばらしいのですが
mustやhave toを
「しなければならない」
と日本語で翻訳するために、
否定的な語りかけになっているのが
気になるところです。

そこで、肯定的な言葉に通訳して、
抜粋したものをご紹介していきたいと思っています。

【2013/04/04 12:17】 | ■夢分析
トラックバック(0) |
学校に行ってほしい
起こされなくても自分で起きてほしい
腰が悪いのに力仕事しないでほしい

などなど…

家族のテーマって、
日常の細かいことを含めると、

「いくら言ってもわかってくれない!」

ってたくさんありますよね。

だーかーらー

何度も書いているように
反対のことを試してみればいいのになあ、
と思います(*^_^*)

「正そうとすれば反転する」

夢から受け取ったこのお告げ。

うーむ真理だ!

と思っている私は
やっぱり少数派なのかな。


私の父と母は、毎回
おんなじことを繰り返して
よく口げんかしていました。

トムとジェリーかよっ!!
とツッコミを入れたいくらいです。
(どこの家庭もある意味そうですよネ)


もう20年以上前でしょうか。

いつものように漫才ネタ?が始まりました。

居間で父が眠ってしまい、
一向に起きる気配がありません。
それに対する母の一般的な対応。

「さあ、お父さん、早く着替えて!」
「ダメだってば、風邪引くって!」
「さあ!もう寝るよ!さあ!」

さあさあさあさあ、うるせーなあ~

「そうやって急かすからいつまでも起きないんだよ。
一回声掛けたら寝せておけばいいのに。」

とわたし。

「まーっ(怒)そしたら風邪ひくし…」

と母が反論しているうちに、
父はすくっと立ちあがり
キョトン顔の母を素通りして
スタスタと寝室へ行きました。


ほらね。

簡単だね(^-^)



【2012/09/17 11:34】 | ■夢分析
トラックバック(0) |
私の見た夢が伝えていたこと。

表向きは現実的な生き方を重視していながら、
霊的な側面が内面には隠されていて、
潜在的に眠っている力を取り戻すこと
がカギだったのでは、と考えました。

眠っている力とは・・・

私にとっては潜在意識を使うこと
を会得することだったのでは、
という気がします。

これは、ヒプノセラピーを受けた方なら
おわかりだと思いますが、
誰でも潜在意識にアクセスすることができます。

私は過去世で、ギリシャのあたりの神殿の中で
潜在意識とつながり、
神様と交信していた…
と教えていただいたことがあります。


ウソだあ~
ほんとにぃ~

という声が聞こえそうですが、
ヒプノセラピーを受けて、
少しずつ内的に変化し始め、
ウソでも気のせいでもいいから、
直感を受け入れて今に至ります。

正直、こんな仕事をしている自分が
本当に不思議です。

いやいやいやいやいや。
自分がそんなのできるわけないし!
そんなの信じないし!

とつい最近までそう思っていたくらい、
カッチカチの懐疑主義者でしたが、
私の人生の流れをひも解いてくれたのが、
櫻龍さんの太陽数秘でした。


表層意識では現実的なテーマを持っているのに、
潜在意識では精神世界がテーマとなっているのです。

融合しないわけでした(^_^;)

そして、来月から、内示の第三テーマ、
天王星の役割に移行します。

天王星のエネルギーは
見えない世界を信じ、
未来を実現させるために
外側ではなく、内側の変革を促します。

人に笑われても
偏見の目で見られても
自分の心が感じたことを
お伝えしていくことが役目なのかもしれません。


笑うが良い。神などいるはずがないと。
馬鹿にするがよい。
「魔法の本」などあり得ないと。
今に知るだろう、この世の秘密を。
僕と同じように。

サン・ジェルマン




アウト・オン・ア・リム (角川文庫)アウト・オン・ア・リム (角川文庫)
(1999/04)
シャーリー マクレーン

商品詳細を見る

【2012/07/08 12:46】 | ■夢分析
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。