自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mayumiさんより、遠隔レイキのご感想を頂きました

真紀子様…こんばんは。お疲れ様ですm(__)m。メールありがとうございましたm(__)m。
クロゴンと私共々に…あたたかくて優しいメッセージに涙が溢れて止まりません。
メッセージの内容、すべて納得のできるものでした。

ただ私の方が助けて欲しいと望みながら…どこかで受け入れられなかった。
それでも許して、愛してもらえているのですね。
真紀子さんを通して頂いたメッセージは私の宝ものです。
ほんとに、真紀子さんと御縁となり、こうしてレイキヒーリングやメッセージを頂けて、私は幸せ者です。
心から喜び、感謝致しますm(__)m。ありがとうございましたm(__)m。
今は、まだ環境が急激に変わる事はないと思いますが、少しずつ、自分の自由意思で、前に進んで行くことを目標に精進して行きたいと心から思います。
真紀子さん、ほんとに、ほんとに、ありがとうございましたm(__)m。
これからも、お付き合いを、よろしくお願い致しますm(__)m。

それから、真紀子さんには、どんどん、動物達のヒーリングを行なって欲しいと思いました。
ほんとに、嬉しかったです。
聞いた話では、クロゴンは、今日とても元気だったみたいですm(__)m。
お疲れ様でしたm(__)m。ありがとうございましたm(__)m。感謝を込めて。


今回mayumiさんのご依頼で、初めて動物(写真のワンちゃん)へのレイキもさせていただくことができました。
そして、私も優しいものに包まれているような感覚で、たくさんのメッセージが胸に溢れてきました

私の送ったメールも含めて、現実を受け止めることが困難に感じる時もあるかもしれません。
苦しい時は苦しいと思うより仕方がないこともあるかもしれません。
けれども、mayumiさんを愛してやまない方々から降り注ぐ光は、決して夢や幻ではないのだと思いました。
そして、今だから思うのは、苦しむ必要は一切ないのだということ。
許し、救ってくれる尊い存在は、実は「自分自身」なのではないかと思っています。

もし、誰かに非難されることがあったとしても、mayumiさんへのメッセージにあったように、感謝の気持ちを送ることができる人でありたいと思いました。
そんなふうに考えられるようになれたのも、mayumiさんとの出会いのおかげです

こちらこそ、たくさんのステキな体験をシェアさせていただくことができ、心から感謝しています。
ありがとうございました

スポンサーサイト

【2009/09/24 13:05】 | レイキご感想
トラックバック(0) |
レイキマスターKさんこと「青森セラピールーム Rio」さんのセッションルームが完成しました!

青森大学付近の緑に囲まれたアパートの一室で、とても居心地のよい癒しの空間となっています

そして、RIOさんのご好意で、これまでは、ヒプノセラピーをお申込の方にはホテル利用上、予約時間などでご不便をおかけしておりましたが、近々私もこちらのお部屋を貸していただけることになりました


夢のセラピールームがこんな形で叶うとは思いませんでした

時々コラボしながら活動していくこともあると思いますので、みなさまどうぞよろしくお願い致します

たくさんの方にお会いできることを、心から楽しみにしております


【2009/09/23 13:03】 | ■日常
トラックバック(0) |
前々職にて業務委託での営業の経験をし、接客業を含めると約10年、人と関わる仕事をしてきました。

その時に学んだ営業のスキル、コレって心理学じゃん!
と今になって感じることが多々あります。

お客様の不安や不便、ニーズを聞き出し、解決できるために商品を使うことのメリットを説明していきますが、ここで大切なのは、自分の価値観を押し付けないこと、と教わりました。

なぜなら、私の役目は商品を提供することではなく、問題解決のお手伝いをすることだから。
それは、押し付けではなく、思いやりから発しています

そのためには私自身がお客様のことを知ること。
営業やカウンセリングに限らず、信頼関係が築かれてこそ、お客様にも気持ちよくお話していただくことができるのだと学びました。


私は思うのです。
本当の営業ってね、ただ「売ればいい」というものではないということを。
人には感情があります。理屈じゃない。理論じゃない。
人は感情で動くのです。
営業職は人が感動し感謝し感激される影響力を身につけることができ、
それは永遠に必要とされるお仕事です。




【2009/09/15 12:58】 | ■日常
トラックバック(0) |
安心してください!

私も眠ってしまうタイプです
自己催眠用のCDはあくまで一方通行で進み、こちらのペースに合わせてくれるものではないので仕方がないと思います。

また、以前お越し下さった方も、自己催眠では扉をイメージすると石の扉になってしまうのですが…と話していらっしゃいましたが、全く問題ありませんでした。

木の扉でなくてはならないという限定はどこにもなく、イメージは個人の自由です

また、
「自分の体から見ている状態でいいの?」
「外から自分を眺めればいいの?」
どっちどっち~!?

と焦ってしまったというお話も伺いましたが、もうおわかりですよね?
どちらでもOKだと私は思っています


対面のヒプノセラピーでは、その人のペースに合わせて誘導していきます。
ちょっとイメージがわかりづらいな、という時も違う視点から誘導していきますので、安心してくださいね。

【2009/09/13 12:56】 | ■潜在意識
トラックバック(0) |
いろいろな理由が考えられますが、催眠状態に入っているのにそれを信頼できていないのでは、と思うことがあります。

あるクライアントさんが話してくれたのですが、
「昨日見た映画に影響されているのでは」
「さっき、汽笛の音を聞いたからでは」
「これは違うのでは」
と催眠中に、自分のイメージに疑いを抱いてしまったのだそうです。

その時に、
「自分のイメージを信頼して」
と言っていた私の言葉を思い出してくださり、
「きっとこれでいいんだ」
と肯定していくうちに、催眠状態を体験していただくことができました。


また、催眠療法を把握しないまま臨むと、
「私は催眠に入っていません。あなたの声が聞こえています。」
などといった誤解をしてしまうことがあるようです。

大切なのは「私を信じる」のではなく、「自分を信じる」ことなのです。


【2009/09/10 12:49】 | ■潜在意識
トラックバック(0) |
クリムゾンコレクションの『守護』を聴きながら自己ヒーリングをしていました。




ステンドグラスから、美しい光のこぼれる聖堂のようなビジョンが浮かんできました。

教会のようなその場所にたくさんの人たちがいます。
私も豊かではないけれど、みんなにパンを分けたいと思っているみたい。

でも、足りない。
全ての人に分け与えるには全然足りない・・・。


「なぜ、そう思うのですか?」

ハイヤーセルフが語りかけたように感じました。

「だって、今日食べるパンもないから。私のパンを分けてあげなくては。」

「あの人たちは、自分で豊かさを手にする力を既に持っています」


・・・そうだった。

私の役目はパンを分けることじゃない。
私が実践していることを表現するだけなんだ。

全ての人に、大きな力が備わっている・・・


日常を過ごす中でも、自分の心が穏やかでいる事は誰かのお手本になり、誰かを助けることにもつながっていく気がしています。

【2009/09/08 12:41】 | ■シンクロニシティ
トラックバック(0) |
自分が自分について何も知らないこと、
シッダールタが自分にとって終始他人であり未知であったのは、
一つの原因、ただ一つの原因から来ている。

つまり、自分は自分に対して不安を抱いていた、
自分から逃げていた!ということから来ている。

「自分は自分自身について学ぼう。
自分を、シッダールタという秘密をよく知ろう。」

彼は世界を初めて見るかのように、あたりを見回した。

世界は美しかった!
世界は多彩だった!
世界は珍しくなぞに満ちていた!

『シッダールタ』 ヘルマン・ヘッセ





この作品は、当初「内面への道」というタイトルがつけられていたのだそうです。
私自身も、「自分を知る」ことから全てが始まりました。
そして、自分自身から目を逸らしていたことも。。。

子供のような純粋な心で自分を見つめることで、目に映る世界のすばらしさを改めて感じられるかもしれませんね

【2009/09/04 12:39】 | ■日常
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。