自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前世療法を体験するまでの私は、自分の前世に興味はあっても、特に信じる信じないもなければ、どちらでもいい、といった感じがありました。

スピリチュアルな事や精神世界にもあまり関心がなく、どちらかと言うと左脳タイプの人間だったかもしれません。

最初は自分の前世を通して続く悩みがあるなら、今世で解消して立ち直りたい、という目的でセッションを受けたのですが、魂の世界である「中間世」での体験は、私の人生観を一変させてしまいました。

穏やかで、まぶしい光がいっぱいに満たされたその空間では何の不安も迷いもありません。
その時、ふと、自分が全ての存在と一体になったような感じがしました。

生命を持つ全ての存在が、大きな生命体のようなものの一部であり、自分の心の奥深くにもつながっていること、さらにその内奥には高次な存在がいることに気がつきました。

うまく説明できないのですが、私達も実は高次元の一部であるということを、唐突に理解したのでした。

私は自分が知らずにいた新しい価値観と、私自身の中から見つけ出した答えをしっかりと心に焼き付け、今世へと戻りました。

…目を開けてからも、あの体験は何?私の創りあげた幻想!?
とセッションを受けた後はしばらくそう思ったりもしましたが、ゆっくりと真実を受け止める事で徐々に自分らしさを取り戻していき、私自身も思いがけない方向へ流れていくきっかけとなりました

そして、ヒプノセラピーを続けていくことで自分自身の成長だけではなく、もっともっと大きな次元に拡がっていくことなど考えてもみなかったのです
スポンサーサイト

【2007/07/01 10:34】 | ■潜在意識
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。