自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちの潜在意識には、たくさんの情報や記憶が貯蔵されています。

成長の過程で何を感じ、何を思ったかで、大人になってからの行動や考え方に影響を受ける部分でもあります。

そして、幼い子供であれば、躾として言われたことや、愛情からくる教えであっても、子供自身が自分に言い直した言葉や禁止令として、インプットしている場合があります。

例えば、
「おまえが生まれた時女の子だったのでみんながっかりしたのよ」

という言葉から“女であってはいけない”という暗示や、

「危ないからダメ」

という言葉に試行錯誤や冒険的なことを無意識に禁止してしまい、何事も実行に移せなくなってしまうという暗示。

また、
「おまえにそんな難しいことができるものか」

などと抑え付けられたり、自己主張が許されない家庭環境にあると、重要なポストについていても肝心な場面でしくじってしまったりすることがあるのです。

あからさまな無視、虐待、親の不遇を子供に転嫁するような言動は最も強力なメッセージを残し、
“生きてはいけないのでは”

という感情すら組み込んでしまいます。

なぜかわからないけれど、こういう行動をしてしまうというパターンがある場合は、自分の中にいるインナーチャイルドが呼んでいるのかもしれません。
スポンサーサイト

【2008/12/22 14:35】 | ■潜在意識
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。