自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色にはさまざまなものを連想させる基本的なイメージがあります。
例えば「赤」といって「火」を連想したとすれば、抽象的には「エネルギッシュ」といった印象があり、「危険」といった感情や、「暖かい」といった共感覚など、4つの心理的効果が現れます。

セラピーでは、これらの考え方やパターンをキーワードにし、「○○が好きですか?」「○○なところがありますか?」というように進み、相談者に質問を投げかけていきます。

カラーセラピーは、ご相談者さんがそのキーワードから自分の問題点や方向性に気づくことによって、ご自身の口から語られていくものです。

また、カラーの歴史には「錬金術」との関連性から、「タロット占い」とも似ているところがあります。

はっきりした方向性を聞きたい、と感じるのでしたら占いの方が合っているかもしれません。
どちらも体験することができれば、より広がりのある視点から自分を見ることができ、新しい発見につながるかもしれませんね。

自分自身を振り返りながら心が整理整頓されていき、その人の物語ができあがる・・・そういう意味ではヒプノセラピーとも似ています。

最後には色に合わせてブレンドされたアロマオイルの香りで、必要な色を取り込むヒーリングをします。
また、クリスタルのエネルギーも組みこまれているため、チャクラのヒーリングにも効果的です。

カラーセラピーが夢の実現へと向かって、一歩を踏み出すきっかけになればと願っています。
スポンサーサイト

【2009/01/21 10:52】 | カラーセラピー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。