自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不安を“天に返す”とはどういう意味ですか?やり方がありますか?」
というご質問を頂きました

私は・・・『光に戻す』、という意味ではと考えています。
手放されたものは光に吸収され、浄化された新たな光なって、また私たちへ恩恵となって注いでくれる…
という循環されるものではないかと思っています。

もし「怖れ」があるのだとしたら、その時点で「私は守られていない」という自己暗示をしていることにもなるそうです。

これを、「私は守られています」という言葉(アファーメーション)にして毎日続けることで、自分の意識に送る方法もあります。
もしくは、岩の塊だったり、グレーのエネルギー体でもなんでもいいので、体から取り出す、箱に入れる、それを天使に手渡す、というイメージでもいいですね


参考になりましたでしょうか・・・?とメールしましたら、

「“天に返す”ことは戻ること、負もまた役に立つのですね!!
自然と同じですね!」

というお返事を頂きました。

なるほど!
不要に見えるものも、分解すれば再生できる、自然の摂理と同じなんですね。

また、『天才』とは、天に才能を返すという意味があるそうです。
自分の才能を光へ返し、光となって私たちに平等に降り注いでいるのだそうです。

ご質問下さったМさま、おかげさまで勉強になりました
ありがとうございました

スポンサーサイト

【2010/01/19 12:35】 | ■日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。