自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち止まってなかなか前に進めない時、
私はタロットカードに助けてもらいます。

タロットは、現実問題の解決法よりも、
もっと深い部分にある根本的な原因を教えてくれます。

さらに原因だけではなく、
もっと大きな可能性や未来が隠されていることを示し、
いつも勇気づけてくれました

時には耳が痛いこともありますが、
それも成長のカギであったりします。

これは、筋トレの石井ゆかりさんが書かれていた言葉です。

運勢っていうのは、自分以外の誰かが自分に何をしてくるんだろう、っていう切り口の考え方だ。
だから、外の誰かにしてみれば、こっちが「運勢」なんだ。
でも、自分の周りの人間にとっては、自分がそいつらの運勢を作っていることになる。

「私の運勢は?」というとき、世界とか、神様とか、恋人とか、他者とかが動いて自分に何かしてくる、という前提に立っている。
でも、その配置を反転させると、自分こそが誰かにとって、運勢であり他者であり神様みたいなもんなんだよな。


「相手を動かす」考え方には、
ヒーリングや癒しであっても
決まりごとがあるように感じます。

私たちが相手に働きかけられるのは、
決まりごとのない思い、
「無条件の愛」だと学びました。

レイキも自己ヒーリングから始まります。
動くのは自分からなんですよね。

このことがずれてしまうと、
タロットを引いても
オブラートに包まれたような答えにしか
感じられないのだと思います。

あなたが悩んでどうしても前に進めなくなった時、
足元を照らして導いてくれる灯りとなり、
あなたの後ろに道はできるのだと思います。
スポンサーサイト

【2013/11/05 11:50】 | ■タロットカード
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。