自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「センセーションカラーセラピー」という名前には、scent=香り、sense=感覚という意味が込められています。

香りも色と連動し、相乗効果でチャクラバランシングの特徴があります。

目を閉じて光を浴びるように、エネルギーが補給されているという自己暗示で瞑想するカラーメディテーションのことを、色彩による瞑想法と言います。

オイルを何滴か取りだして両手で温めるようにして、香りを吸い込むカラーブリージングのことを、色彩による呼吸法と言います。

ヒーリング方法にもいろいろありますが、この二つは自分でも気軽に取り入れられるものなのでです。

また、マッサージ系の技術をお持ちの方なら、ハンド、フット、あるいは体の痛い所や不調な箇所に、オイルを刷り込むことで、香りとリラクゼーションによる効果が得られます。
カラーセラピーと組み合わせて、メニューに加えてみるのもいいかもしれませんね

一番大切なのは、あなたが今求めているヒーリングカラーは何色かを知ることです
スポンサーサイト

【2010/04/06 12:02】 | カラーセラピー
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。