自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真紀子さん、おはようございます。

昨日お返事をいただいてとても嬉しく
すぐに返信したかったのですが遅くなってすみません。

まずは、 フォルチュナのメッセージをありがとうございました。

私の感想と、とても重なるところがありびっくりしていました。

> あなたを取り巻く空気中に含まれる微粒子にさえ、
キラキラと輝く幸運によって、満ち溢れています。

時間になり、マニュアルを参考に“白い光線”を
イメージしようとしたのですが、
目を閉じて浮かんできたのは

とても美しく、とても細かい 青い粒子で
「光線、というより粒子だな・・・」と感じていたのでした。


その粒子が、なんと言うか 宇宙の甘い闇にキラキラ揺らめいているイメージで
それをそのまま受け取ることにしました。

宇宙から私に流れ込むまでに、光が青から白に変わり、
龍など、さまざまに流れるように形を変え、
やさしい波動でうねり込むようなイメージです。

フォルチュナのアチューンメントの時には、
「出来ることなら サード・アイを開いてください 」
と念じてみたのですが
白い光の中に 青い瞳と 金色の睫が印象的な、美しい目が浮かびました。

> フォルチュナから、大切な「何か」をそっと手に渡して握らせるように
二人で「親密さ」を分かちあっているイメージがありました。

という素敵なメッセージもいただきましたが、

私もフォルチュナが「いつも一緒ですよ」と言ってくれているような感覚があり、嬉しく思いました。

そして、フォルチュナから

「あなたを通して地球を癒やすから、
ただエネルギーの通り道になるといい」、
と伝えられた感じもありました。

これは、後からの私なりの解釈ですが
フォルチュナのメッセージは

私のみにではなく 人間全てに、
既に常に宇宙から行なわれていることであって、

一人一人が宇宙から地球へのエネルギーの受け皿であり
通すパイプであり

純粋に通すためには 一人一人が持つ波動を整えるのが
とても大切だ、ということのように思えます。

今の世の中、それがなんとなく解っていても
力が湧いてこない・・・という人が多いような気がします。

今回のアチューンメントを機に、私ももう少しがんばって
パワーアップしたいな!と思います。


真紀子さんが伝えてくださった“コヴェンティーナ”のメッセージとも繋がりますよね(^-^)

真紀子さんは、豊富な知識と感受性を、優しさであたたかい言葉に変換して伝えてくださるので、
メッセージはとても心に染みますし癒やされます。

なにごとも、ていねいに決しておろそかにしないように
心を込めて接しようとしてくださる姿勢が感じられてきます。
とてもありがたいことです。

では本当にありがとうございました!


Cさま、フォルチュナのご感想をありがとうございました。
Cさんは、アバンダンティアと二つのアチューンメンを受けて下さりました。

心から深く共感できる内容であり、すべての教えに通じるメッセージだと、
大きくうなづきながら読ませていただきました(^-^)

「青」には書かれていらっしゃる通り、姿を変える柔軟さというキーワードがあります。
「一人一人から整えること」、ということは本当に私もその通りだと感じています。
『コヴェンティーナ』は、生活習慣を改善し、思考をポジティブにすることで
毒素を流す、というメッセージがあるそうです。

Cさんにだけ渡していたもの、これは私へのメッセージでもある気がしました。

「いいな~よかったね」と思う気持ちと
「羨ましいな~・・・」という複雑な感情も正直ありましたf(^o^;)

でも、すべての人に同じようにチャンスは無限にあって、
私も受け取っているし、みんなも受け取っている…

自分で引き寄せたものでもあるし、独占することなく、
伝えたり、共有することで、何倍にもなるのではないかと感じました。

本当にこのアチューンメントを始めて感じることは、エネルギーを伝えることによって
みなさまが私に「叡智」という恵みを還元して下さることの喜びです!

Cさんはもちろん、みなさまの洞察力の深さにいつも感激しております

本当にありがとうございました

スポンサーサイト

【2010/04/21 12:10】 | ■ご感想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。