自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来は一つしかないのでしょうか?

使命も一つだけなのでしょうか?

公務員だとしたら、公務員しかないのでしょうか?

スポーツ選手だとしたら、
引退後はどうなるのでしょうか?


エドガー・ケイシーと言う人は、
催眠療法によるリーディングを
46才まで行いました。

46才まで?

ということは、
そのあとはどうしたと思いますか?

ケイシーはここから、
これまで個人に対して行われたリーディング内容が、
すべての人にとって有効に活用できるのでは、
と考えるようになります。

それまでは、治療方法についての
フィジカルリーディング中心だったものが、
生まれ変わりを知ることで、
より魂を高める生き方ができるよう
ライフリーディングを行うようになり、
ケイシーの使命は
「リーディングをすること」から
「リーディングを取り、記録を残すこと」
へと変わっていったのだそうです。

つまり、
使命は一つではない、
とこのお話で確信が持てました。

彼の願いは牧師か医者になることでしたが、
一環していたのは
「人を救うこと」
だったのだと思います。


未来は一方向に流れているわけではなく、
職業を通して使われる命・役目であり、
無限に拡がるものだと私は思っています。

だって、魂は150億も生きてるんですから!

私も、使命をシフトしていきたいと思います(^-^)

スポンサーサイト

【2012/07/26 14:06】 | 使命リーディング
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。