自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭り大好きの高橋竹山と棟方志功。


ある時、イベントで交流が深まり、

「わも絵っコほしいな」

と竹山から依頼がありました。

「わがった。送ってやるはんで名刺どら。」

志功は、受け取った名刺を見てこう言いいました。


「名前ど住所ばり書いで、わどおんなじだ。

肩書きずものは他の人つけるもんだ。

自分でつけるもんでねんだ。」

この竹山の姿勢に深く感銘して、後に
「高橋竹山大師匠」と記して絵を送ったのだそうです。


これをテレビで見て、私も共感しました!

企業に属する人たちは役職の表記が必要だと思うけれど、
私のような個人事業主はいらないのでは…
自分でつけるのってなんかヘン(^_^;)

と思っていた時だったので納得しました。

周りから見た人が、つけてくれるのが
一番自然なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

【2010/12/27 08:03】 | ■日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。