自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校に行ってほしい
起こされなくても自分で起きてほしい
腰が悪いのに力仕事しないでほしい

などなど…

家族のテーマって、
日常の細かいことを含めると、

「いくら言ってもわかってくれない!」

ってたくさんありますよね。

だーかーらー

何度も書いているように
反対のことを試してみればいいのになあ、
と思います(*^_^*)

「正そうとすれば反転する」

夢から受け取ったこのお告げ。

うーむ真理だ!

と思っている私は
やっぱり少数派なのかな。


私の父と母は、毎回
おんなじことを繰り返して
よく口げんかしていました。

トムとジェリーかよっ!!
とツッコミを入れたいくらいです。
(どこの家庭もある意味そうですよネ)


もう20年以上前でしょうか。

いつものように漫才ネタ?が始まりました。

居間で父が眠ってしまい、
一向に起きる気配がありません。
それに対する母の一般的な対応。

「さあ、お父さん、早く着替えて!」
「ダメだってば、風邪引くって!」
「さあ!もう寝るよ!さあ!」

さあさあさあさあ、うるせーなあ~

「そうやって急かすからいつまでも起きないんだよ。
一回声掛けたら寝せておけばいいのに。」

とわたし。

「まーっ(怒)そしたら風邪ひくし…」

と母が反論しているうちに、
父はすくっと立ちあがり
キョトン顔の母を素通りして
スタスタと寝室へ行きました。


ほらね。

簡単だね(^-^)


スポンサーサイト

【2012/09/17 11:34】 | ■夢分析
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。