自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「寝たきりになっても仕方がない…」

とまだ拒否する父。

筋金入りの頑固者です。

しかし、負けてはいられません。

さらにとどめを刺しました。

「脳が圧迫されてるとしたら
明日には言語障害が起きて
ろれつが回らなくなるかもね。」

「・・・」

「気が乗らないなあ!」

と言いながら立ちあがり、
上着をはおりました!

やった!

「勝訴!」

みたいな気持ちで
閉院ぎりぎりに駆け込むと、
そのまま救急車で県立病院へ
搬送され手術することになりました。

執刀された先生からは、

「明日には体も動かなくなり、
言葉も話せなくなっていたと思われます。
今夜がぎりぎりでした。」

とのことでした。

元気100倍になった現在、
命の恩人?である私に
「オマエが事をおおげさにした」
と悪態をついております(*^m^*)

これが不器用な父なりの、
愛情表現なんだ、
ということにも気付くことができました。

父が命を盾に教えてくれたことは
私が行う仕事にも
大きな自信をつけてくれました。

「正そうとすれば反転する。」

そのあたりから
苦手だった父との関係も
良好になっていきました。

何年も何年もかけて、
ようやくわかりあえてきたこのごろです。


完!
スポンサーサイト

【2013/02/01 16:34】 | ■日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。