自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本

今の私に明日はない。
決して今日のことのすべてを
明日に持ち越さない。
今日1日に
全生涯をかけて
生きている私なのだ。
今日は日が悪い、
私の人生は運が悪いなどと
決して嘆きはしない。
この日も、
この人生も、
天が私に与えた
最上の慈しみである。


これは祖父の本棚にあった
昭和32年の古書です。




正義と人道の名のもとに
われわれは戦犯者として
あるいは刑場の露と消え、
あるいは11年にわたって
獄舎につながれてきた。

彼らは自己の死よりも
肉親を思い、
日本の再建と
世界の平和への
切々たる祈りを述べている。

すくなくとも戦争に参加し
悲壮な結果を招来した
一員であればあるほど
これら900余名の悲願を世に伝え、
将来に生かすことこそ、
同じ運命の中に生き残った
われわれの責務である。

まえがきより

スポンサーサイト

【2013/08/06 11:21】 | ■光のガイダンス
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。