自然のサイクルや星の運行と同調し月の瞑想を行いながら、潜在意識について探究しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログが初めての方はこちらもどうぞ


涙の中の虹を見つけに~青森市セラピールーム アルクトゥールス~  -neko

心の不安や痛みを癒すために、あなたの

インナーチャイルドを抱きしめる という方法もあります。

今日は有り難うございました。

家路に向かうとき、今日受けたセラピーのことについて色々振り返りました。

家に帰ってから、母親に一人で留守番してた事実を確認したら、そんな事実はない(単に忘れてるだけ?)とのことでした。

大人になって普段泣くことがなかったのに、セラピーの最中に泣きそうになるなんて思わなかったので、あのとき退行してた証拠だと思ってます。

今回は初めてのセラピーなので、多少は緊張していたとも思うのですが、何と無く思ったのは、


自分の中でキーワードが浮上し、そして自分の中の検索エンジンでキーワードを叩き出し、そのキーワードで脚本を作った状態が今回のセラピーだったんだと思っています。

とは言っても自己催眠に対しては慣れが必要だと思ったのは確かなので、次回も宜しくお願いします。


(青森県 Kさま・男性)




今の自分に影響を与えていたと思われる幼い自分の心へとたどり着き、

とても心に残る、印象深い内容でした。
そして、心の素直さ、ひたむきさ、

これまで努力されてきた姿勢が伝わってきました。



私のヒプノセラピー は連想ゲームのような感じですが、

Kさんは、「脚本を作る」といった表現でお伝え下さいました。


自分で必要な場面を脚本化して演じたり、

監督として広い視野で眺めることにより、深い理解が得られる…


といった感じでもあるかもしれませんね。

ヒプノセラピーをお考えの方の参考になればと思います。

「ありのままでいいんだよ、ここにいていいんだよ」

と、幼い自分に会いに行って、ぜひ話しかけてみてくださいね。
ご感想をありがとうございました(^-^)


虹対面・遠隔セッションのお申込みはコチラ から

手紙arcturus81@mail.goo.ne.jp

携帯セラピールーム アルクトゥールス

パソコンセラピールーム アルクトゥールス


スポンサーサイト

【2011/03/25 15:51】 | ■潜在意識
トラックバック(0) |

1. 先日は有り難うございました
katutaka
今までの自分を振り返って、インナーチャイルドこそが最大のキーワードであり壁であり課題なんだと思いました。
コミュニケーションが不足というより、コミュニケーションそのものに触れる機会が少なかったので、今まで人間関係が築けず逆に悪くして転職を繰り返したり、恋愛においても同じで、何に対しても満たされない感じがあったことこそが、インナーチャイルドから来ていたことだと思わされました。
それでいて両親や周りの取り巻く環境では、世間体が色濃く若しくは色濃さが濃すぎて、自分の弱い部分を含めて自分の全てを受け入れて貰えなかった環境が、インナーチャイルドを長引かせたんだと自分では思います。
今はどうか分かりませんが、「子供は大人の言うことは絶対聞く」と言った教えの元で育っては来ましたが、必ずしも大人の全てが正しい訳でもなく、そんな大人も世間体を気にする前に、自分が今子供にしていることは本当に正しかったのかを振り返り、やっぱり子供の表情も観察しながら反省はすべきだったんだと、あの頃を振り替えると改めて思います。
とにかく今はインナーチャイルドと向き合うことを中心に、今後もセラピーを受けていこうと思います。


2. >katutakaさん
MAKIKO・青森市セラピールームアルクトゥールス
私たちは親や、身近な人達から、社会的価値観などを教わって育ちますが、
善意から授けてくれたものもあれば、今となってはもう必要のないものもあるかもしれません。
誰かを責めることではなく、過去に何が起きたかを知り、見つめ直してゆくことで、
心の中の幼い自分を育んでいけますようにこれからも応援しております。
ありがとうございました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
1. 先日は有り難うございました
今までの自分を振り返って、インナーチャイルドこそが最大のキーワードであり壁であり課題なんだと思いました。
コミュニケーションが不足というより、コミュニケーションそのものに触れる機会が少なかったので、今まで人間関係が築けず逆に悪くして転職を繰り返したり、恋愛においても同じで、何に対しても満たされない感じがあったことこそが、インナーチャイルドから来ていたことだと思わされました。
それでいて両親や周りの取り巻く環境では、世間体が色濃く若しくは色濃さが濃すぎて、自分の弱い部分を含めて自分の全てを受け入れて貰えなかった環境が、インナーチャイルドを長引かせたんだと自分では思います。
今はどうか分かりませんが、「子供は大人の言うことは絶対聞く」と言った教えの元で育っては来ましたが、必ずしも大人の全てが正しい訳でもなく、そんな大人も世間体を気にする前に、自分が今子供にしていることは本当に正しかったのかを振り返り、やっぱり子供の表情も観察しながら反省はすべきだったんだと、あの頃を振り替えると改めて思います。
とにかく今はインナーチャイルドと向き合うことを中心に、今後もセラピーを受けていこうと思います。
2011/03/27(Sun) 11:46 | URL  | katutaka #79D/WHSg[ 編集]
2. >katutakaさん
私たちは親や、身近な人達から、社会的価値観などを教わって育ちますが、
善意から授けてくれたものもあれば、今となってはもう必要のないものもあるかもしれません。
誰かを責めることではなく、過去に何が起きたかを知り、見つめ直してゆくことで、
心の中の幼い自分を育んでいけますようにこれからも応援しております。
ありがとうございました。
2011/03/27(Sun) 12:10 | URL  | MAKIKO・青森市セラピールームアルクトゥールス #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。